研究開発能力
研究開発能力

ハンズユエミンレーザーグループでは、さまざまなレーザー機器の調査・開発・製造技術、製造技術、産業用レーザーの応用方法において豊富な知識を持つ研究開発の精鋭たちのチームを結成し、十分な訓練を施しています。弊社のレーザーテクノロジー・電子制御テクノロジー研究機関は、広東省と上海に設立されていて、とても強力な技術的基盤となっています。世界中の大手製造業者に、インテリジェントで、フレキシブルなレーザーモジュールとソリューションを提供し続けています。この16年間で、149件の発明特許と実用新案特許を取得しています。このような業績によって、私どもが信頼できる供給業者であることはお分かりいただけると思います。全ての製品は国際的な認証基準で承認されており、CE、SGS、TUVに対して制限を受けることはありません。こうした研究開発能力により、弊社は一つの結論に至っています。それは、世界のレーザー装置製造分野で、私たちのコアコンピタンスは卓越している、ということです。

研究開発オフィス

弊社の経験・知識豊富な研究開発チームには6人の工学専門家、33人の研究者、86人のエンジニアがいます。東莞市と上海市にレーザー応用・電子制御技術研究機関を設立し、華南理工大学、中国科学院上海光学精密機械研究所を含む多数の有名団体との協力な相互利益関係を築いてきました。

これは、弊社の非常に精密な測定器です。

この部屋は20以上もの新製品開発用機器があります。画面の光学器械は切断の正確さと縁端効果を測定します。オシロスコープはレーザー出力波形を検波することで、精度コントロールを可能にしてくれます。

弊社のスマートマシン製造拠点は、レーザー処理器具としての知的ロボット研究開発に注力しています。これにより大規模な製造企業に高知能のレーザー処理と柔軟な製造上発生する問題の解決法を提供しています。

弊社の研究開発機関は中国で初めて、ロボットCNCシステムとロボット視覚認知システム間における完全な繋がりを発見しました。これら2つのサブシステムは、データ交換、データ変換、データ融合を容易にしてくれます。

5軸レーザ加工機の機能アップグレード方法について議論を重ね、現在149の発明特許と実用新案特許を取得済みです。

5軸レーザ加工機は球体の表面にて作動します。高性能CNCシステム、そしてしっかりしたネジと共に作動することで、高精度かつ見た目の美しさも創造できます。これが弊社製品の一貫した品質を可能にしてくれます。