製造
製造

弊社は装置製造の国際基準の導入にこだわっています。これらにより、全ての製品の品質を保証することができるからです。使用するさまざまな電子部品は、とても信頼のおける納入業者から購入しています。弊社が供給業者であるためには、こうした部品は国際関連基準に従ったものでなければなりません。品質管理のために、あらゆる原材料に対して全ての検査を実施しています。光学・電子部品は、1年中温度と湿度が一定に保たれている製品保管所で保管されています。これによって、主な重要部品が保管されている時も、当社工場から出荷される時も、品質が保たれているのです。さらに、最新の倉庫管理システムと、敷地面積30,000㎡以上の部品・完成品倉庫も運営しています。これにより、品質の高いレーザー機器をタイムリーにお届けできるのです。

設計・製造段階での品質管理は、弊社においての最優先事項です。このような理由から弊社の各種レーザー機器は、世界中のお客様に高い人気をあるのです。絶え間ない老化試験を通じて、レーザーとレーザー電源機器を管理しています。この試験により、不良品が市場に出るのを防いでいます。

弊社のレーザー装置が設計要求と、現地での技術的仕様を満たすことができるよう、無数の高精度試験器を用いて、厳しい検査とキャリブレーションを実施しています。これによって、組み立てられた装置の品質は、確実に保証できるのです。

素材試験室は20人以上もの熱意ある従業員で構成されており、全員が製品品質管理に責任を持っています。

機械フレームと金属板は、信頼のおける供給元から購入しています。そうした部品は登録・倉庫搬入前に厳重に検査されます。検査人が使用する測定器具には合金測定器、カリパス、巻き尺、角度計などがあります。

従業員がダイアル式測定器を使用して横桁の水平度を測定しているところです。

レーザーチューブ検査台が作動しているところです。弊社のレーザーチューブは全て、総合的な検査をパスしなければいけません。主要な検査ポイントには出力パワー、照射の品質・安定性などがあり、レーザーチューブが業界関連基準に見合うかを確認しています。

全てのレーザーチューブに対して老化試験を実施しています。弊社機器の重要部品は100%老化試験を受けており、全部品が慎重に選び抜かれています。

レーザーパワー供給用のバーンインマシン室

もうひとつの重要な要素として、レーザーパワー供給は摂氏60度の超常環境で8時間継続的に作動することを求められます。認可された構成部品のみが、弊社の機器に搭載されます。

金属板はマシンモデルに合わせて順次配置されます。

この倉庫の敷地面積は2800㎡です。合計400の板金セットが収納できます。従業員の身体的負担を軽減するために、こうした巨大で重い金属板を取り扱う際には電子搭載機を使用しています。板金セットは科学的かつシステム化された方法で管理され、それにより色味の違いを最小限に抑えることができ、見た目の美しさを保証することができます。

200㎡の工学倉庫は、膨大な数の精密部品を保管するために技術的な管理下にあります。

この倉庫には、温度と湿度のリアルタイムモニタリングを実施しています。倉庫に保管される精密光素材には、モーター、抵抗器、蓄電器、コンピューター、視野レンズ、光反射器、レーザー、検流計スキャナー、等があります。許容範囲の温度は摂氏10度から35度、湿度は35%から85%までです。温度・湿度を調整するための空調機が備わっています。こうした小さな精密光素材は防湿箱に保管されています。毎日、倉庫マネジャーが温度・湿度を確認して回り、検査記録はすべて記録されます。

機器組み立てエリア

機器検査エリア

大型レーザー切断機械製造エリア

完成品保管エリア

弊社製品には次のようなものがあります:大型高速金属レーザー切断マシン、小型精密切断マシン、エアバッグレーザー切断マシン、高精度3Dレーザー切断機器など。弊社は1つの発明特許と、10以上もの実用新案特許を取得しました。製品の中にはSGS認可を受けたものもあり、その中でも超幅広ラック・アンド・ピニオンドライブは世界で初めてレーザー切断エアバッグ分野に応用されました。

弊社では、リニアガイドの配置精度を一定化するため、光オートコリメータを使用しています。4mのリニアガイドの強度と水平度の誤差は±0.03mmに制御されています。

歯車ラックがダイアル式計測器で検査されているところです。これにより設置後の水平度と精度の誤差を確実に±0.01mmに抑えることができます。

レーザー干渉計が作動しているところです。

レーザー干渉計は、機械ツールのすべての駆動軸の精度を計測できます。次に、精度の自動調整を可能にするソフトウェアを使用して検査結果を機械ツールに入力しています。調整後の配置精度は誤差±0.015mmに達します。

完成品保管倉庫の敷地は3500㎡です。500の機器セットの収容能力があります。各機器に判別目的のシリアルナンバーが与えられています。弊社マシン上で分かる情報には次のようなものがあります:契約番号、マシンモデル、主回路基板、レーザーチューブブランド、パワー、その他多数あり、これにより製造管理、経理上、アフターサービスの便宜をはかることができます。

この製品はインドのニューデリーに発送されます。全部品のパッケージは研究開発チームと品質保証部門により安全性の確認済みです。大型マシンツールはすべて丈夫な木箱で梱包されます。当社は通常、深圳市の港湾から商品を発送します。お客様は、発送される港湾を選ぶこともできます。